2005年08月02日

差別とは・その3 の続き

えー? ハードル低く思われた方が良いじゃん? あ、めたかです。

昨日「続きは明日。」って書いた 差別の話の考察を書きましょう。 (別記事にしました。  皆さん、この件、考えられました?)

まず、 事例が2つありましたね。 確認しておきましょう。

「賃貸住宅をピンクに塗った韓国人が  いたのでうちは韓国人お断り」 という主張は差別です という話に対し

実際に不動産業者の経験で 韓国人に貸すと上記のようなトラブルが 起こるリスクが高い、と考える場合 このような行動は合理的じゃないのか
という反論がある、という話でしたね。

で、2つ目の私が出した事例は

職場に居た2人の外国人が 3つ残ったお土産を 私が居るにも関わらず残さず食べてしまった 「日本人だったら残してくれた」 って思った、という話、でした。

まず、2つ目の事例ですが 「具体的に相手に向けた言動が無い段階では  差別とは言えない」 って事は言えるんですが 「差別に繋がる心にはなるのでは」って事で 進めて行きたいと思います。

で、 ここで「論点」になるのは 「日本人だったら残すけど  外国人は残さない」 という考えが合理的かどうか、だと思うんです。

これは 「日本人なら必ず残す」って訳じゃないし 「外国人(西洋人)は必ず残さない」 って訳でもないんですけども、 「日本人では残してあげる」のが一般的で でも、外国人には、そのような慣習はない と考えられるのではないか

ってのが根拠になるんでしょうけど、 でも、それって本当か? って事が、問われないとイケナイでしょう。

そこを判断するには、 相手の国の文化とか社会通念とかを ちゃんと理解していないと できないなって思います。 本当に、西洋の国では 「周りを見て、みんなに行き渡るように考え  自分の分を取る」 そういう習慣はないのだろうかって。 例えば 色々なものを「シェア」しようって事は 西洋でもあるみたいなんです。 だけど ここまで細かく気を配って分けよう という文化は、ないんじゃないかなって。 でも、どうなんでしょう・・・

###
で、問題の韓国人の話に行きましょう。

論点となるのは 「韓国人とは不動産のトラブルになりやすい」 というのが合理的かどうか でしょうね。

これは 韓国人の全てが不動産トラブルを起こす訳ないし 日本人の全てが不動産トラブルを起こさない って訳でもないですけど、 日本人では 「人様から借りたものは丁寧に使うべき」という文化がある でも、韓国人にはそういう文化はなくて 「借り手だろうが自分の主張を通そうとして  相手の都合は考えようとしない」 そういう人が一般的(それが悪いとされていない社会だ)

同じように考えるのなら このようになる訳で これが本当かどうか、が問われないとイケナイでしょう。

でもね、 これ、本当なんでしょうか。 私は、それほど韓国通って訳じゃないですけど でも、さすがにこんな事はないだろうって 思っているんですけど。 だって 韓国も基本的に「儒教文化」ですよね。 それで、こんな利己的な社会通念には ならないんじゃないかって・・・

上記のように考える人って、 韓国の事を、どれくらい知っているんでしょうか? 韓国に長く滞在していた経験があった とか、そういう上で、こういう事を言ってるのかな?

#(ここからは、この件についての私の独断のまとめです)

posted by めたか at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

差別とは・その3

前に 「賃貸住宅をピンクに塗った韓国人が  いたのでうちは韓国人お断り」 という主張は差別です という話を紹介したのですが、 これを書いた記事に、反論コメントが殺到し 結果、炎上してブログが閉鎖されてしまった この件について、もう少し考えてみます。

と言っても、 「ブログの炎上」について考えるのではなく 「差別」について、考えるんです。

私自身は、 上記の件は、明確に差別だと思っていますが、 その私が、その立場で色々述べても、 あまり「面白くない」かなって思うんですよ。 で、 今、読んでいる本に 「意見の不一致や相違を作り出し、  それを利用するべきだ」 みたいな話が書いていますので、 上記の件を「差別でない」と考えている方々の 考え方に沿って、考察してみたいと思います。 (それが、考え方を深める事になるって)

元記事は消えてしまったので 私の記憶から想起したものになってしまうのですが 代表的な「意見」は 次のようなものだったと思います。

実際に不動産業者の経験で 韓国人に貸すと上記のようなトラブルが 起こるリスクが高い、と考える場合 このような行動は合理的じゃないのか

それで、 私自身は、この考え方に共感が出来ない (私が、韓国人の人と不快なトラブルにあった事が  全くありませんでしたので。  何人か関わり合いになった方は居ますが  みんな良い人でした) ので、少し別の事を考えたいと思います。

かなり前の話なんですが、 ある日、私は職場に休日出勤したんです。 やる事がありましたので。 部屋には私一人かなって思っていたら 外国人(ヨーロッパ系)の同僚が2人居て 英語でディスカッションをしていました。

部屋にはお土産(確か東京バナナ)があって 包装は開いていて 残りは3つ、でした。 なので私は 「実験の合間に頂こうかな」って思っていました。

1時間程、実験をしてから部屋に戻ってきたら、 そのお土産は無くなっていました。 というか 「食べ終わった後」で 包装(1個1個のパッケージの包装)3つ分くらいが 散らかして居ました(笑) (多分、まだディスカッション中だったので  後で片付けたんでしょう。)

まぁ、お土産って 全員が「食べる権利のあるもの」でもないし その時にいる人間が好きに食べれば良い だいたい、好意で置いているものですし、 だから良いんですけども でも、その時に私、思っちゃったんですよ。

「日本人だったら、ちょうど3つ残ってたんだから  私の分、残してくれていたよな」 って・・・ (まぁ、セコい話ですね。  書いてて悲しくなってきた・・・)

一応、書いておくと その外国人の人たちは、とても良い人たちで 日本人の「心」も、だいぶと分かってくれる人 だったんですよ。 だから、この人たちに不快な思いとかは 全然なかったんですけど でも、こういう微妙な所で 「自分たちとは、違うな」って・・・

実は、若隠居さんのコメント欄でのやり取りで 思い出したのが、この事なんです。 なんで 「私が、こう思った事も  ひょっとすると差別の心の端緒と言えるかも」 って考えたんです。

どうなんでしょう? 少し考えてみましょう。

##ここをクリックする前に考えてみませんか?
posted by めたか at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

「タバコを吸う女は嫌いだ」は差別か?

今日、家に帰ってきた所で、 祇園祭の神輿が交差点を回転してる所に遭遇しました。 めたかです。 祇園祭って、 「宵山」と「山鉾巡行」だけって 思っている人は、結構居るかもしれないですけど 実は、7月、丸一ヶ月間に渡る 「長丁場」のお祭りなんですよね。 (興味のある方は、この辺のページを)

さて、書ける時に、溜まったネタを ガンガン書いていきましょう。 先ほど約束した、差別の話から1つ。

かなり昔の話ですが、 喫煙についての「議論」の中で、 ある人が「タバコを吸う女は嫌いだ」 というのは、喫煙者を差別しているって 言っていたんです。

えぇ? そうなんかぁ? って思って 私はその時は 「じゃぁ、『暴力を振るう男は嫌いだ』も差別なの?」 なんて返していたんですが、 でも、 心の中ではずっと、この事が引っかかっていました。

だけど、 ある時、気がついたんです。 「タバコを吸う女は嫌いだ」 は、差別だったなって・・・

ただ、それは 「喫煙者に対する差別」ではないんです。 そうではなく、 これは女性差別なんです。

いや、 「タバコを吸う女は嫌いだ」 と言ってる人が 「タバコを吸う男も嫌い」って言うなら それは、差別ではないと思う。 「タバコを吸う」という行為を嫌ってるだけ、でしょう。 だけど、 「タバコを吸うは嫌いだ」 と、 わざわざ「」と断って言ってるのは、 そう言ってる人は大抵、 「女性限定」でタバコをすう人を嫌ってるんでしょう。

これは、つまり 「女はタバコを吸ってはイケナイ」 という価値観が、背後にあるって事だと、思うんです。

ま、 これには異論はたくさん、あるだろうなって 思っています。 また、 「例外的事例」も、結構ありそうだなって。 例えば ちょっと思ったのは 「タバコを吸う女が嫌い」というのを 男性が「恋愛対象として見る事が出来ない」 って意味で言ってる場合はあるかなって。 その場合は 「女」である事ではなく 「異性」である事が重要な訳で、 そういう場合は、差別にはあたらないかなって。

ただ、 「タバコを吸う女は嫌いだ」 という言葉の裏に 女性限定で、その行動を規制する考え方があるなら、 それは、差別なのではないかって 思っているんです。


posted by めたか at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「国際感覚」とネット感覚

しまったぁ! 「かま騒ぎ」撮るの忘れてたぁ!
・・・ま、良いか。 (色々、気力が萎えています) めたかです。

でも、気力は萎えていますけど、 ネタはホント、溜まっています。 とにかく、なるべく吐き出していきたいと 思います。 (塊については、今日、帰宅したら  まとめて処理します。)

まずは「ネット万歳」って記事から。 炎上について辛辣な事を書くので (ってほどでもないけど) その前に「ネット利用者」に媚を売っておこう ってセコい思惑で(笑)

ま、そんな訳ぁないですが、 そういう話です。

良く「日本人は国際感覚がない」 なんて言われますよね。 それで、 海外経験の多い人とかが 「海外では(普通)こうなんだ」 みたいな事を、言ったりしています。

でもね、 そういう人の言う「海外」って 海外の中でも、ごくごく一部のみって 思うんですよ。 例えば、世界中のたくさんの国の経験があっても、 そういう人って、 それぞれの国の「ある特定の層」ばかりを 経験してる、みたいになってるんじゃないかって。 世界中の国の人を知っている、 と言っても、 それはみんな生物の研究者だった、みたいな感じで。 で、 それは「国の違い」よりも、 どういう層の人か、の違いの方が 大きい場合だって、あると思うし。

1人の人間が経験出来る事って やっぱり限界があるって思うんですよ。 特に、世界って広くって しかも、様々な事があるのに (日本では、割と均一な社会って言われてるけど、  そんな国は珍しいって言えるかもしれないし) その「狭い経験」だけで 分かったような事を言うって 何か、違うって思うんです。

だから、私は思うんですよ。 本当の意味での「国際感覚」って 世界にはホント、色々な事があり、色々な人が居て 自分の知っている事など、 そのごくごく一部にすぎないって事を ちゃんと実感を持って「分かっているか」 って事じゃないかって。 その多様さを認める事なんじゃ、ないかって。

って事を考えた時に、 ネットって、そういう「感覚」を 身につけるのには、非常に良い場所じゃないかって 思うんです。

と言っても、ですねぇ。 それには「条件」があると思う。 それは、「多様な意見」に触れ合おうとする事。

ネットにはホント、色々な場所があって、 色々な意見が溢れています。 でも、 多くの人は「自分にあった所」のみを 見ている、参加してるんじゃないかって思うんです。

それじゃぁ、「国際感覚」ってふうには いかないだろうなって。 そうではなく 多様な意見に触れ、ぶつかり合っていく中で 「国際感覚」ってのが身に付いていくんじゃないか って思うんです。 だから 「ネット」をそういうふうに使っていけば 良いんじゃないかなって・・・

posted by めたか at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関東は涼しく、関西は暑い夏らしい

一昨日は、お勉強用の暗記カードを作っていて 気がつくと日付が変わっていて、 昨日はカネシゲ監督のチャットに参加していて 気がつくと日付が変わっていて 更新できませんでした。 (昨日は、日付変わる前に終えたんですけどね、  コメントの返事とメール書いていたら日付変わりました。)

という事で、 禁断の「お昼休み更新」をします。 (今日も帰るの遅くなりそうで、明日も朝早いので) なので、かるーいネタから。

こちら関西では、本当に暑い日々が続いています。 昼間が暑い、だけではなく 夜になっても暑いまんま、という毎日で 「いよいよ夏、本番だなぁ」 って感じなんですけども。 (ちなみに暑いのは大好きです。)

で、これはほぼ日本中でそうだと思っていたのですが、 最近、関東方面へ出張から帰ってきた人間が 口をそろえて「こっちは暑い」と言うのです。

なんでも、 東京とか関東のほうは、結構、涼しいらしいです。 昼間は、さすがに、それなりに暑いらしいんですが 夜になると、かなり涼しい、との事で。

なんで、 関西に住んでいて関東に行く人 関東に住んでいて関西に行く人、は そのつもりで居たほうが良いと思われます。

や、こういう事って、ニュースになってるのかな? でも、 結構、身近でしかも、知っておいた方が良い情報ですよね?


posted by めたか at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

差別とは何か、再び

急遽、記事アップ。

「賃貸住宅をピンクに塗った韓国人がいたのでうちは韓国人お断り」という主張は差別です

この方の、差別についての真っ当な考え方に、 もの凄い数のコメントが付いている (ほとんどが反論っていう・・・  始めの方しか読んでませんけど。)

参考:私の昔書いた関連記事
「差別」とは・・・

えっと、先に言っておきますけど、 私は匿名のコメントは削除しますので。 匿名否定派ではありませんが、 自分のブログで匿名さんと議論するつもりは全くありませんので。 (これも参考:『棲み分け』が大事(ネット言論の多様性を保つために)

posted by めたか at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

中国が変なのか? それとも調査がオカシイのか?

最近、essaさんが やたらと「モヒカン族」って書いてるんですが 良く分かりません。 なんか、「具体的な話」を知らないから どういうものか、イメージできないんですよね。 いや、モヒカン族の人のブログは見てみたけど 抽象論、要するに 「モヒカン族ってこうだ」っていう言及にしか 思えなくて・・・ 多分、実際に「モヒカン族的な対応」ってのを 目にすると、イメージ湧くんでしょうね。 (モヒカン族な人が、誰かのコメント欄で  「らしい」ツッコミをしている場面、とか・・・) あ、どうも、めたかです。 前置きが長くなってしまいましたが、 本ネタは短いです。

今日のネタはコレ。
中国:大学生「日本好き」3%−−英字紙が調査

いや、この「結果」自体は、 別に良いんですよ(良かないけど)。 じゃなくて、 この記事、今日の昼に見た時には 最後に、こんな事が付いていたんですよ。 (何故か、削除されているぞ!)

日本人で有名な人として 小泉首相、東条英機、山本五十六をあげている

(なんで削除されたんだろう?  というか、毎日のサイトって、  結構、記事の削除や変更があるのかな?)

一応、元記事を見つけたので、 見てみると、ちゃんとその下り、載っていましたね。

で、私が言いたいのは、 「日本人で(中国人の若者にとって)有名な人」 のリスト、 小泉首相は、まぁ良いでしょう、 しかし、あとの2人が、なんで昔の軍人やねん(笑)

他に、いくらでも居るでしょうよ、 日本人で、有名になってしかるべき人間が・・・ こんな人選、今の日本人の若者に聞いて まず出てこない人選だぞ。 (というか、有名人と言って、  この2名の名前を出すヤツって、  間違いなく変人扱いされるでしょ) それが出てくるって・・・

これって、「中国の大学生」にとって 一般的なのかなぁ? そうだとすると、 こんな人間が出てきてしまう 「中国の教育」が変だと思うし (あと、他の日本人を知らせていない  って事でもあるでしょ) そうじゃないなら よりによって、こういう「人選」をする そういう層に調査した、この調査がオカシイって 言えるでしょう。

でも・・・ さすがに、「普通の大学生」が こんな人選をしないと思うんですよね、 サッカーの中田とか、 居るでしょ、もっと先に出てきそうな人。 そういう意味で、 この最後の部分のおかげでで、とたんに、 この「調査」に対して、眉唾を付けたくなってしまいました。

(ひょっとすると、  私のように感じる人間が居そうだ、  それじゃぁ記事の信頼性が落ちる  って事で、削ったのかなぁ?  でも、それって本末転倒でしょ・・・)

続きを読む

posted by めたか at 00:12| Comment(20) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

市場万能主義への疑義

こんとんじょのいこ めたかです。 (分かる人は分かります) さて、更新できる時に、なるべく更新しましょう。

今、政治の世界では 郵政民営化法案の採決が大詰めって事が 一番の話題のようですね。 (それに対しては、こんな意見もありますが)

ただ、 個人的な意見を言えば、 この問題、私にとっては「どうでも良い」 って感じなんです。 強い賛成でも、強い反対でもない。 民営化した方が良いか、しない方が良いか 良く分からないってのが正直な話です。

ただし、 「なんでも民営化すれば良い」 みたいな風潮には、疑問があるんですよね。 特に、公共性の高い事業については 民営化の是非はともかく 完全に市場に任せて良いものかって事は 思うんですよ。

って事で、今日の紹介記事
日本人の働き方と少子化

前にも紹介した三田さんのブログ、ですが。 ここで書かれている、 アメリカ・ロスの公共交通の話は 私には衝撃でしたね。 (要するに、車会社が車を売る為に  買収して潰してしまった、という事)

郵便事業というのも 公共性の高い事業だと、思うんですよ。 それが、完全に市場の手に委ねられて、 ホントに大丈夫か、 この事業はどうあるべきなのか、 ちゃんと考えていく必要は、あるだろうなって。

と言いますのは。 ちょっと関係無さそうな話になりますが・・・ 最近、雑談していて、 「トラックは危ない」って話になったんですよ。 無茶な運転が多いし、 無茶な積み方してるのも、結構見られる。 何より、事故も多いし、 怖いよね・・・みたいな話で。

でも、 それは「トラック運転手のモラル」って事も もちろん、あるんでしょうけども それよりも、トラック運転手の「環境」の問題も 大きいんじゃないかって話で。 1つは 労働時間が長過ぎ、過酷過ぎるって事で。 もう1つ 「ノルマ」みたいなのも酷くって 時間内に着かないと、お金がもらえない みたいな契約もあるって、ドキュメンタリでやってた って話とか、 その辺りを改善しないと、どうしようもないよね って話で・・・

ただね、 それは、確かに「事業者の側の問題」もあるでしょうけど それだけ競争が過酷だって事も、あるんでしょう。 それで、トラックの運転手から、それだけ「搾取」しないと 競争が出来ないって事も、あるんでしょう。 (そして、その益ってのを  消費者である私たちは受け取ってる、とも言える。  運送費が安いお陰で、安く買えているモノも  いっぱいあるでしょうし・・・)

で、運送業が現実に、こういう市場環境になっている訳で それを是正しようとすれば 「市場に任せ」ていては、無理でしょう。 やっぱり、行政が何らかの形で「介入」しないと。 それは 「その業界にとって」だけでなく、 交通の安全という事でも 私たちに取って大事な事でしょうって思う。

郵便事業(郵送とか宅配とか・・・)も 「運送業」の一種と言える訳で それが、どうあるべきかって事は 「交通の安全」という視点からも 考えるべきではないかって思うんですよ。 (これは、  「環境」という問題については  市場に任せては、なかなか解決に向かわない  行政が何らかの「介入」をしないと・・・  というのと、似た問題だと思う。)

郵政民営化を論じる時 こういう視点でも論じる必要があるだろうって 思うんですけどね。 でも、 現実は、「既得権益」絡みの話とか 財務省の思惑とかの話 そっち側の「力学」で決まってしまっている事が 私は不満です。 (つまり、  どっちに賛成とか反対とかの話ではなく  そもそもの「論点設定」に疑義がある  という話です!)

・・・続きを読む
posted by めたか at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。