2005年07月06日

「言論への暴力」は許してはいけないと思う(ジャーナリスト・山岡俊介氏宅放火事件)

スミマセン。 さすがに疲れて、ネットを放ったらかしにしてました。 めたかです。 いや、金曜・土曜と連続で大雨に降られて ぐしょぐしょになって、ぐったり帰宅したのが ボディーブローのように効いていました。 (日、月も帰宅が遅かったし・・・) 昨日、久々に早く帰宅して、 ゆっくり寝て・・・やっと復活。・・・こんなんで、週末、行き帰り夜行の強行軍! 大丈夫なんかいな?

ま、それで更新が滞っても、 「また、ぶっ倒れてるんだな」とでも 思っておいて下さい。 (思えば、去年は一年間、割とヒマだったんだな・・・)

それで、 こういう事で、フットワーク落ちてるな って実感させられたのが、 ガ島通信さんのこの記事
ジャーナリスト・山岡俊介氏宅放火

忙しい中でも、こういうのをすっと更新できるのが ガ島通信の良いところですよね。 私も、このニュースは取り上げなきゃって 思っていたんですけど・・・

ただ、 山岡さんのブログを常時、見ていなかったので 知らなかったんですが、 報道よりずっと酷い事件だったようですね。 そうとう、ヤバいネタを追っかけているんでしょうか。

しかし、 コメント欄には「通り魔的犯行の可能性もある」 って主張してる人も居る・・・ あのなぁ・・・ そりゃ「可能性」はあるわ しかし、「通り魔」みたいな 「どこでも良いから火をつけたい」って奴が ここまでは普通、やらないだろう。 それに、現実に圧力も受けていて 盗聴事件のような被害も受けた事のあるジャーナリストが こういう目に合えば 「圧力、もしくは口封じ」って考えるのが 自然でしょうが。 もちろん、どこがやったかは分かりませんけど・・・

とりあえず、 少なくとも、 「こういう事があった」という事を広く伝える事と、 言論を暴力で封じ込めようという行為に対し 異を唱える事くらいは やろうと思います。


・・・しかし、 こういう事があったタイミングで こんなニュースを見ると、 ムカついてくるのは私だけでしょうか? だいたい、前にも書いたけど テレビCM、再開してるじゃんかよぉ!


ちょっと追記。 ガ島さんの所に「良心の宣伝」って コメント欄で批判してる人が居ますね。
・・・その手の批判が有効なら 良さそうな事を言う人間みんなに対して そう言う事ができますわなぁ。 って事で、 昔書いた記事を、貼っておきます。
偽善と偽悪
posted by めたか at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | メディアリテラシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。